IT業界を長時間労働で身体を壊して転職した26歳男性の紹介

スポンサードリンク
公開投稿日:
最終更新日:
カテゴリ:営業職
2,227 Views


20代男性
IT業界は楽しく勤めていましたが、ある時に炎上プロジェクトに参入する事になり月350時間程働く生活を半年繰り返して体を壊してしまいました。仕事は楽しかったのですが、体が一番大事と考え営業の仕事に転職する事にしました。
ハンドルネーム れもん
性別 男性
年齢 26歳 (転職時年齢)
都道府県 奈良県
最終学歴 専門学校
現在の職種 営業
現在の年収 420万円

IT業界から営業に転職したれもんさんに質問

現在のお仕事を教えてください
営業
営業の具体的な仕事の内容を教えてください
現在の仕事は、美容室専門のヘアケア商品の営業を行っています。

担当エリアはかなり広く、大阪、奈良、京都、兵庫、和歌山をまわっています。

一月に一度ですが、広島県にも行くことがあります。

基本的にはルートセールスなので、飛び込み営業などはありませんが、気分が乗っている時などは、飛び込み営業も行います。

扱っている商品は、シャンプー、トリートメントがメインとなりますが、洗顔や化粧水などの基礎化粧品も取り扱っています。

IT業界を辞められた理由は何ですか?
わたしは専門学校を卒業してから、ソフトウェア会社でシステム構築の仕事をしていました。

最初の数年は、プログラミングがメイン作業でたのしく仕事をしていたのですが、経験を積むにしたがって、設計やお客様との折衝業務も増えてきました。

それなりに充実した毎日を過ごしていたのですが、ある時かなり炎上しているプロジェクトに参画する事になりました。

稼働時間の目安はだいたい月に350H位働いていました。そんな生活を半年ほど続けていると、体調を崩してしまい入院する事になりました。

家族からは体調の事も考えて、転職する事を勧められました。

10日ほど入院しながら、ゆっくり考えたのですが、身体が一番大事だと思い転職する事を決めました。

IT業界の在籍時は残業時間はどの程度ありましたか?
3時間くらい
現在のお仕事の残業時間はどの程度ですか?
ほとんどなし
転職時にはどのような媒体を活用されましたか?
リクナビネクスト、DODAを活用された感想を教えてください
リクナビネクストやDODAを利用して転職活動を行いました。

最初は同じIT関連の仕事を考えていたのですが、お客様との交渉事が楽しく思い始めていた頃だったので、思い切って別の職種に転職する事にしました。

営業は未経験でしたが、話す事は得意だったので面接も10社ほど受けましたが、7社から内定を頂きました。

リクナビネクストやDODAは未経験の人でも面接可能な求人を多く取り扱っているので、とても使い勝手が良く転職活動が上手くいきました。

転職の際に有利な資格などはお持ちでしたか?
なし
現在のお仕事の年収はいくらぐらいですか?
420万円
IT業界から転職されて良かったと思いますか?
転職して良かったことは、前職のシステム会社のような大きな残業が無くなった事です。

また営業職なので、売り上げが自分の給料に直結するので頑張って結果を出した分だけ給料に反映されるので、とてもやりがいがあります。

れもんさんと似た経歴を持つ方の正社員転職成功体験談をチェック!

指さし
れもんさん以外にもIT業界から他業種に移り変わった人は沢山居ます。他の人の事例を参考にする事でヒントになる事も多いと思うのでIT業界からの転職を考えている人はチェックしてみよう!
> 1つ前のページに戻る

転職に便利なサイトをピックアップ!

IT業界から他業界・他業種に転職成功した人が実際に使っている転職サイトをいくつかピックアップして掲載中。

オレのサイトに寄せられた転職体験談の中から転職率が高い転職サイトや、転職に失敗しないためのサイトを厳選して紹介しているから、転職を検討している人は確認して欲しい。

> 異業種の転職に役に立つ転職サイトをチェックする

当サイトの運営者(show)について

IT業界在籍時に23時52分に会社を退社し23時57分の終電生活を繰り返している内に長時間労働と素質の無さに絶望しIT業界を退職。一度は無職になるものの今は17時~18時には仕事を終える健康的で平穏な日々を過ごしている。詳細プロフィールと当サイトの解説はこちらで記載中。
スポンサードリンク

コメントを残す

当サイトのコメント欄はイタズラ、スパム、中身の無い批判記事等を防止するために「承認制」とさせて頂いております。「承認」されたコメントのみサイトに表示されます。

従ってコメントを投稿頂いた直後は「未承認」状態のためコメント欄に表示されませんが、後で管理人が確認して「承認」いたしますのでしばらくお待ちください。また「承認」時に頂いたコメントに対するお返事もさせて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ