IT業界を鬱になったという理由で実際に転職した人の体験談

スポンサードリンク
公開投稿日:
最終更新日:
カテゴリ:IT業界を辞める人たちの転職理由
2,704 Views


IT業界の転職理由で多いものはだろう。そりゃあ毎日毎日激務だったり終電まで仕事をしていれば当然鬱になってもおかしくはないと思う。

本題

IT業界から他業界に転職する理由でになってしまったというのは高い割合を占めると思う。

この記事をご覧になっている方にはご存知の通りと思うが、IT業界は勤めている会社やプロジェクトに左右されるが多くの現場は激務だ。

毎日毎日夜遅くまで働いたり、休日出勤や徹夜などを繰り返して心身共に疲れてしまうという人は多いと思う。

オレもIT業界を辞める直前は毎日23時52分まで働いていたし、出張がある日はほぼ徹夜に近いような労働を繰り返していていたので仕事に行きたくない、休みたいと思った事がなんどもあるので気持ちは非常に良く分かる。明確に医師の診断を受けたわけではないが、当時はオレも半分鬱になっていたように思う。

しかし、中には責任感の重さから抗鬱剤を服用しながらでも無理に仕事を続ける人も多いと思う。逆に辛さ、しんどさに耐えられずに辞めてしまう方も多いだろう。

このページではIT業界を鬱になってしまい退職&転職してしまった人の体験談をまとめている。

鬱になってしまったから会社を辞める!というのは必ず正しいとは言えないとはオレは思うが、同じ境遇を経験している者同士であれば参考になる事も多いと思う。

 

実際に鬱が理由で転職する人たちのリアル体験談

TMさん 26歳 /男性/神奈川県  IT業界 ⇒ 広告代理店の仕事に転職

IT業界を辞められた理由は何ですか?
うつになった事が最大の要因でした。文系でもSEになれるという求人を見て、非常に興味が湧き、面接を受けたところ内定を頂いたので、新卒で就職する事になりました。ただ同期には理系・工学系の同僚が多く、研修で追いつけるかと思っていましたが、かなりの差があったので、全く追いつく事ができませんでした。そういった焦燥感を感じながら残業時間の多さのために心身共に疲れてしまい、一瞬視界が見えなくなるなどの症状があり、ついにはうつになってしまいました。周囲にもうつになってしまい、薬を服用しながら仕事に励んでいる社員もいましたが、病院に通ってもしばらく休養しても治らず、耐えられない状況になってしまい辞めてしまいました。
IT業界から転職されて良かったと思いますか?
非常に良かったと思っています。前職はパソコンに向かいっぱなしでプログラミング言語との格闘という状況でしたが、現職は人と向かい合う機会が多く気持ちが明るくなります。女性の多い会社だからなのか社内の雰囲気が明るく、うつも完治させる事ができました。自分の選択は間違っていなかったと思っています。

TMさんの転職体験談をもっと詳しく見るにはこちらをクリック

他の鬱になってしまったという理由でIT業界から他業界に転職した人の体験談をチェック

指さし
このページでは鬱になってしまったという理由でIT業界から転職した人の体験談の一部を紹介したけど、もちろん他にも同じ理由でIT業界を転職される人は沢山いる。もっと多くの体験談を見たい人は以下のリンクで公開しているのでチェックしてみよう。

> 【男性版】鬱が原因でIT業界から他業界に転職した人の体験談をチェック

> 1つ前のページに戻る

転職に便利なサイトをピックアップ!

IT業界から他業界・他業種に転職成功した人が実際に使っている転職サイトをいくつかピックアップして掲載中。

オレのサイトに寄せられた転職体験談の中から転職率が高い転職サイトや、転職に失敗しないためのサイトを厳選して紹介しているから、転職を検討している人は確認して欲しい。

> 異業種の転職に役に立つ転職サイトをチェックする

当サイトの運営者(show)について

IT業界在籍時に23時52分に会社を退社し23時57分の終電生活を繰り返している内に長時間労働と素質の無さに絶望しIT業界を退職。一度は無職になるものの今は17時~18時には仕事を終える健康的で平穏な日々を過ごしている。詳細プロフィールと当サイトの解説はこちらで記載中。
スポンサードリンク

コメントを残す

当サイトのコメント欄はイタズラ、スパム、中身の無い批判記事等を防止するために「承認制」とさせて頂いております。「承認」されたコメントのみサイトに表示されます。

従ってコメントを投稿頂いた直後は「未承認」状態のためコメント欄に表示されませんが、後で管理人が確認して「承認」いたしますのでしばらくお待ちください。また「承認」時に頂いたコメントに対するお返事もさせて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ